1. Home
  2. 学校紹介
  3. 教育目標

教育目標

建学の精神
The spirit of the founding

本学園は、昭和15年、故山縣源四郎によって、新しい女子教育の創造を目指し、山口県徳山市(現周南市)に創設されました。以来70有余年、戦後は男女共学に変わりましたが、「私学こそ真の教育ができる」という創設者の信念を受け継ぎ、有為な人材の育成に務め、2万4千人を超える卒業生を送り出してきました。 2005年(平成17年)に山口県桜ケ丘中学校(中高一貫部)として開校した晃英館は、中高一貫体制の効率的で充実した教育環境の中で、生徒ひとりひとりの可能性を最大限に引き出し、国際社会で活躍するリーダーを育てることを教育使命としています。

校訓 
School Policy 「人生は芸術なり」

この校訓は、人の人生を芸術にたとえたもので、真っ白いキャンバスに絵を描くように、生徒ひとりひとりが自分自身を活き活きと表現して欲しい、そして、自分自身の個性を輝かせると同時に、それを観る人にも感動を与える存在になって欲しいという願いがこめられています。
人を感動させる作品(人生)を創造するには、確かな学力、豊かな人間性、強い意志、洞察力などの能力や資質が必要です。晃英館では、その能力・資質を伸ばし、すべての生徒に自己表現を達成させることを教育活動の基本にすえています。

教育目標
Educational policy

知・徳・体の調和がとれ、リーダーたる資質・能力を身につけた、国際社会に貢献できる人材の育成

アドミッションポリシー
Admission policy

晃英館中学校は、

  • 自分の夢の実現のため、向上心を持って地道に勉学に励む生徒
  • 心と体を鍛え、社会のリーダーになる意欲を持つ生徒
  • 高い英語力を身につけ、国際社会での活躍を目指す生徒
  • 晃英館の生徒であることに誇りを持ち、自分や他人を大切にできる生徒

  • を受け入れ、その個性と能力を伸ばします。